自分自身に対しては

-

-

クルマの保険には自賠責保険ないしは任意保険の2つの種類があります。

自賠責保険、任意保険ともにいざという時の事態など遭った場合の補償に関するものですが、内容は細かな点で違っています。

2つの保険では補償がなされるものが多少一様とはいえません。

※相手には任意保険・自賠責保険を用いて補償が可能です。

※自分に関しては【任意保険】によって補償されるようになっています。

※自己の所有する財産に関しては【任意保険】によって補償します。

自賠責保険単独では自分自身への負傷もしくはクルマに関する補償は受けることができません。

次に相手方に向けての賠償などのサポートですが自賠責保険であれば亡くなってしまったケースでは最高額で三千万円・後遺障害時最大で四〇〇〇万円というように定められています。

ただし賠償金がこの値段を凌駕することは起こり得ます。

さらに続いて事故の相手のクルマないしは建物を毀損した時においては害を加えた者によるまったくの自己補償になります。

そのためにも任意保険が重要となるのです。

被害者に対する支援に重きを置く任意保険には、それ以外の役割が用意されています。

※相手方へは死亡時またはケガだけでなく、マイカーや建物などの所有物を補償してもらえるのです。

※自分自身に対しては、同伴者も込みで、死亡時ないしは手傷を賠償してくれます。

※自分自身の財産に関しては、乗用車を賠償します。

こういった様々な面での補償がしっかりしているのが任意保険が持つストロングポイントです。

月額の掛金の支払いは必要となってしまうのはしょうがないですが、事故の相手のためにも自分を安心させるためにも、クルマに乗るのであればぜひとも任意保険というものに契約を結んでおくべきでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.