損失)が多くなっているポジションを保っていたのだが

-

-

外国為替市場介入(為替介入)という言葉を耳にした事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞、雑誌記事、報道番組、グーグル等の記事でチラリと見た人もたくさんいると思います。グリスリン

元来為替介入(外国為替平衡操作)というと日本では、・財務大臣が為替の相場の安定を保てるように施行する手はずということで位置づけられています。アフィLab

要は、極度の円高、円安の際に財務大臣のお達しに従って日銀が円を取引することで為替レートの安定を狙う、ものです。

為替介入とは方法があるのです。

1.単独介入・・・行政機関・日銀が、東京での市場で自らが市場に加わり為替の介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談のうえそれぞれの通貨当局の持ち金を用い同時期にないし小出しに外国為替市場介入(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局へ向けて為替介入を託す。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に成り代わり外国為替市場介入(為替介入)をする。

こういった方法です。

どの方法の為替の介入も一時、または当面為替市場に多大な影響を与えるはずです。

為替介入(外国為替市場介入)の額はさすが自国の威信をかけているのですから桁違いです。

円を基本にしてみると、日頃は数銭ずつ変化する為替レートが唐突に数円ずつの動きをするのです。

個人投資家の方でしたら体験したと考えますがこれまで順当に含み資産(または損失)が多くなっているポジションを保っていたのだが、保持している持ち高が決済しましたとの内容の報告がFXの業者の発信でメールが届き・・・いくらの儲けかな(赤字になったのか)?と気にしながら決済の情報を見ると、自らが予測していた内容とは反対の結果となってしまい目を丸くした話がありました。

外国為替市場介入(為替介入)が行われた時によく聞く話です。

外国為替市場介入(為替介入)を施行すると、為替市場のトレンドと反対の動きをします。

それだけでなく動く金額の幅はものすごく大きくでかく動くため用心が必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.