理解して間違えないようにしてください

-

-

自動車重量税、略して重量税は、国内メーカーの自動車あるいは外車という愛車の生産国やエコカー、クーペという車の形も全て同じで、たとえばポルシェ、などでも一般的に掛かってくる税金なんです。キレイモロコミ 料金

新車を登録するさいもしくは定期車検の場合に納付するものになります。浮気調査活用ナビ|パートナーの浮気に気づいたら見るサイト

その額はそれぞれの自動車のウエートによって決定されます。スチームクリーナー 比較

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く別のものなので、基礎となる税金を理解して間違えないようにしてください。

「自動車重量税というものは車の大きさにより」「自動車税は自動車のリッター数によって」税額が変わります。

また売却する場合の待遇も変わりますので、注意しましょう。

車の売却の時には支払った金額がいくら残っていた場合でもその税金が返ってくるということはないです。

一方で自動車税の場合は既に支払った額を買取金額に足してくれるというケースがありますが、重量税の場合は上乗せされる場合はなかなかないといえます。

重量税については、自動車を売る際支払い済みの税額が残っているからと言って買取専門店にてそれが配慮される場合は少ないものなのです。

ですので次の支払い要は車検まで売却を保留し売却をするという手段が無駄がないと思います。

自動車の買取の時は考慮されない重量税でも、ある条件の事例では戻ってくることもあります。

このケースは、次の車検までの期間が残ったままの愛車を廃車にしてしまう際です。

というのは、廃車申請をした際に、残っている車検期間に従って重量税が還付されます。

ただし、自動車買取の時はその車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。

そして、手放す車の名義変更をしたケースや盗難にあったケースなども還付してもらうことはできません。

重量税が残っている期間がある車を売ることは要するに車検がまだある車ということになります。

その辺りを買取店も忖度しますので、自動車重量税の残存期間があれば少しは売却額があがると思います。

もちろん査定額は店によって変わりますが、車検期間が残っていることが忖度されれば、手放す車の買取金額と比較するとそこまで払い損ということもありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.