ひとつの例として

-

-

FXの経験の浅い方が相場の要を捉えるためにはまず最初にトレードを繰り返すことが不可欠です。

とりわけ、未然にリスクを回避できるようになるためには、へまを繰り返す事も大切です。

とは言うものの、ミスをするといっても、命取りとなるほど大きな負けをする事は話になりません。

取り戻せるぐらいの負けを何回か実践する事が結果として自身の経験値を高めてくれるはずだ。

これを考えると、最初は少ない資金で売買を行い、ここでいくつか小さめの間違いをすることが必要です。

ひとつの例として、100万円しか投資する事が出来ない場合、はじめに100万円を全て投じて売り買いすると負けた時永久にやり直せない可能性があります。

それよりも、仮に資金の10%ずつ分けて取引してそれによってエントリーを積み重ねた方が、マイナスを埋め合わせる技術なども身についていくはずである。

まず最初に少ない額で取引する事の良いところは、既出の通り、自らの経験を増やしミスを制御する術を習得していく事にありますがそれと一緒に、取引の回数を増やすことによって偶然性を少なくできるというメリットもあります。

一例として、1回の注文で儲けられる確率が50%とします。

この場合、同じ確率で負ける危険性もあります。

勝率50%ということは五分五分の率でプラスになる事を示しています。

だがしかし、全ての資金を賭けてエントリーをするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

そのままでは1度だけの賭け事と同じです。

結局のところ、全てを使って1回のみしか売買しないとこれだけでは損する危険性が大きくなります。

これを避けるために、投資するお金を1度にすべてつぎ込むのではなく、少しずつ分けて、投資機会を増やす事がリスク管理となります。

ただし何度かに分けたとしても、全てのトレードで稼ぐ事は大事ではありません。

というか、全て勝つことは出来ないのが現実だ。

売買で重要なのは、勝率ではなく、どれほど稼ぐかです。

勝率5割でも、たとえ勝率5割以下でも稼ぐ事は出来ます。

5割以上負けてもその収益が小さければ、少ない勝利のプラスで相当稼げます。

そのためには、損失を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

マイナスになったらすぐさま損切りし反対に利益を上げられる状況では上手に稼ぐ事がFX取引初心者がFX取引で勝利するための神髄です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.