返済していくことが可能ということなのです

-

-

民事再生という選択肢は住宅ローンなどを含む多重債務に苦しんでいる人々を念頭において、住居を手放さずに経済的に立ち直っていくための法的な借金整理の手順として平成12年11月に利用できるようになった手段です。フリーエンジニア 求人

民事再生という制度には、破産とは違い免責不許可となる条件がなく浪費などで借金がふくらんだ場合においても民事再生手続きは可能ですし破産宣告をすれば業務不可能になるような免許で生計を立てている人でも民事再生は検討できます。

自己破産では住宅を手放さないことは考えられませんし特定調停と任意整理では元金は支払っていかなければなりませんので、住宅のローンも払いながら支払い続けるのは現実として難しくなるでしょう。

ですが、民事再生による手続きを選ぶことができれば、住宅のローンのほかの借金額は相当な額をカットすることが可能ですので、住宅のローンを返しつつ残った借金を返済していくことが可能ということなのです。

といっても、民事再生は任意整理または特定調停等とは違い一定の負債だけを除外して手続きを行うことは許されませんし破産申請におけるように元金そのものがなくなってしまうわけではありません。

それに、そのほかの整理方法と比較しても煩雑で手間が必要ですので、マンション等のローンを持っていて住んでいる家を手放すわけにはいかない状況などを除外して破産申請等それ以外の選択肢がない場合における最終的な解決方法とみなした方がいいでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.