母のカーテンと反抗期

-

-

私の母は洋裁が趣味で、カーテンやテーブルクロス、クッションカバーなど季節ごとに作っては取り替えていました。学歴不問中卒 求人

だから、うちのカーテンは、他の家にはないような、色とりどりのオウムの柄や、生成りの生地に青々とした葉が美しい人参が散りばめられたものなど、珍しい柄のものが多かったのです。ヒートカッター

小さい頃は、そんな母が自慢で、母の作ったカーテンが大好きだったのですが、小学校高学年くらいになると、友達の部屋にかかっているようやキャラクター柄のカーテンが羨ましくなりました。葛の花サプリ@口コミと効果で評判なのはどのサプリ?07

6年生の時、その頃の母はナチュラルインテリアにはまっていて、私の部屋のカーテンはリネンで、裾にレースがついていました。引越の費用を安く抑える方法

今なら、とてもシンプルでステキだと思えるけど、ちょうど反抗期に突入した私は、地味なカーテンが嫌で、しかも母の手作りというのが気恥ずかしく、友人の部屋と同じキャラクターのカーテンを買ってくれるよう母に泣いて頼みました。闇金業者

母は悲しそうな顔をして、それでもカーテンを買ってくれました。ベッド 1万円

それ以来、母が私の部屋のカーテンを作ってくれることはなくなりました。極楽育毛革命 口コミ レビュー

老眼になってからは洋裁をやめてしまった母。ベッド 通販 口コミ

大人になり、自分の家庭を持った今は、母の縫ったカーテンをとっておけばよかったと後悔しています。スキンケア

中高年のための動脈硬化改善活動


Site Menu

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.