www.mfac-style.com

-

-

クルマに乗っている方でしたら承知しているものですが、自動車税という税金が課税されます。それでこれは、クルマ買い取りの際に普通に返還されるのです。これというのは現実にやってみたら頭に入ってきますがこれから一つずつ順に簡易的に案内します。一応注意書きしておけば、国内で作られている車のみが対象ではなく外車も税金が戻ってくる範囲になっています。当然ですが自動車も当てはまります。自動車税というのはクルマを持っている人が支払う税で税額は自動車の排気量の大きさ毎に決められています。1リッターより小さいなら29500円となり1リッターから1.5リッターの場合34500円です。これからは500cc刻みで5000円ずつ増加していきます。この税は4月1日時点で車を保有している人が、その年度の自動車税を納付する決まりです。前払いということですから、勿論自動車を売却して所有権がなくなった時は先払いした分の税額は戻ってくるということです。税は前払いでその年度の金額を払いますのでその年度内に車を手放した場合は買い取った保有者が自動車税を納めなければいけないということです。売却相手が中古車買い取り専門店なら、買い取り時に自分が前払いしている分のお金を返してくれます。要は所有権を手放した瞬間以後の税額は新たな所有権を持った人が払わなければなりません。例えばあなたが10月のうちにクルマを買い取ってもらった場合は11月以降翌年3月中までの払ったお金は還付されます。というのも前述した通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりからも明らかです。つまり前所有者は買い取った相手に税を返してもらうということになります。個人で愛車を売却する際に、意外にこのような重要な事実に気付かない方が見受けられるので、きちんと確認するようにしましょう。自動車税が車の売却で返金されることを意外に知っている人が少ないからと言って、その状況を悪用している悪徳業者もあるのです。こちら側から自動車税について話を切り出さなければ一切自動車税のことには言わないという場面も頻繁に見られます。ですのでクルマの買い取りを頼む場合は税金が返還されるのかどうかをチェックすることをおろそかにしないようにしてください。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.