www.mfac-style.com

-

-

自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険という保険で略して自賠責保険と言う保険になります。自動車損害賠償責任保険は通称強制保険とも言われていて、自動車を定期車検に出すときには、決まっている車検の期間に適用される自賠責保険に入っていなければなりません。つまりすべてのクルマに加入義務のある保険です。それでは車が自賠責保険に入ったまま売却した際にはどうなるでしょうか。強制保険は車検の際に更新になるというケースが結構あったりしますが、もし自動車損害賠償責任保険に入ったままの車を売った際はその金額が返ってくるということは全然ありません。なぜならば、自賠責保険の加入を一旦消して、新しい所有者に移行するのは少し面倒くさいのです。なので自動車損害賠償責任保険の場合は、名義変更後に車とともに渡すのが普通です。ただし、それと同じだけの金額を代金に上乗せしてくれます。強制保険は自動車税と違い、支払い済みの金額を月単位で割った金額が返金されるわけではなく、査定額に足すといったような手法をとるのが基本なのですがこういった内容が買取査定票に掲載されることはほぼありません。ですので車買取の場合には強制保険を考慮した額が売却額に入っているかをチェックする必要があります。自らが納付した保険料がどれだけかだけでも知っておけば大丈夫はずです。自賠責保険の金額については加入していた期間で違うため注意してください。車の廃車時には自賠責保険の名義変更をする必要があります。仮に名義書き換えをしていなければ、保険会社から自分宛に自賠責保険の満期の知らせが届いてしまいます。あなたのマイカーが多少でもお得に売却できることを応援してます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.