www.mfac-style.com

-

-

ありふれた外為の教科書では「損失を被った時はナンピンによってポジションの平均を買い付け価格を抑える」等書かれているが正直ナンピン買いには相当大きな落とし穴が隠れています。はじめに、ナンピンのロジックに関してごく簡単に記述しておきます。仮に100円で1ドルを買ったとします。ドル買いなのでドル高に進むほど黒字が出ますが、逆に1ドル=95円までドル安方向に向ったとします。そのままの状況でポジションを保持し続けたら、損がなくなるまでには、損した分、円安に進む必要があります。誰もがみんな、損失は早めに戻したいと願います。これを解決するため最初に取引したのと同じ分のドルを1ドルを95円で売買します。すると、ポジション全体の価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。2円50銭の幅で円安が進めば損失を失くせます。こういったことがナンピン買いの手法です。このように、ナンピン買いの理屈を聞くと「まちがいない」という考えになるが、そう易々と思うようにはいきません。もとより、1ドル95円が下値だということなど、なんびとも予想できません。相場がかなりのドル安地合であれば1ドル=95円では止まることなく更に一段のドル安が加速する確率が高くなります。ひとつの例として、97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円までドル安が進んだら、ナンピン買いを入れたポジションも差損が生じることになってしまうのである。その状況では、最初に注文したドルとトータルで、為替差損を被ります。例示したとおり、ナンピン買いは一筋縄でいきません。それならば、マーケットが己の台本とは反対に素早く行ってしまった場合どういった術で危険を軽減すればいいのだろうか。こういう状態で選べる選択肢は2つだけあります。最初のひとつは潔くあきらめて、損切りをすること。別の方法としては、今、あなたが所持しているポジションを縮小することで、再度マーケットがリカバリするのを動かないで待ち望むことです。ちょっと大人しい手法だと感じる方もいると思います。だがしかし、ポジションにマイナスが生じた場合一番適切なやり方はこれよりいいものは期待できない。言うまでも無く、理論としては、ナンピンをしてみる考え方もありえます。だけどナンピンは自分か損失を出しているのにポジションを減らすどころか、反対に買いポジションを積み増していく手段です。この考え方では、危険性を制御することなどとても可能ではないと考えたほうがいいです。ナンピンをし続けられればいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。だがしかし、それより先に投資資金はショートしてしまいます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mfac-style.com All Rights Reserved.